パーキンソン病の動作緩慢、オンオフ現象(ウェアリング・オフ現象)

難病の症状

パーキンソン病、パーキンソン症候群で初期の頃から感じる症状だと思います。
また薬の効く時間で急に動けなくなるというご症状を訴えられる方は多いです。
そういったオンオフ現象、ウェアリング・オフ現象、動作緩慢の原因と対策をお話したいと思います。

動作緩慢の原因

東洋医学的な原因のお話をするので、最初に少し”気”のお話からさせて頂きます。

運動などをして体を動かす時は、全身の気の巡りによって手や足を動かしています。
東洋医学的にこの気を木気(もくき、もくっけ)と呼びます。この木気は春の気でもあり、植物が伸び伸びと成長する様に外向きに発散しようとする気で、気分で表すと”やる気”とか”元気”といったイメージの気です。

運動する為にはこの気が、スムーズに全身を巡る必要があります。ですが阻害因子によってスムーズに巡れないと運動の妨げになります。

その阻害因子は、

・筋肉の凝り(硬結)
・骨折など外傷
・疲労による体力の低下
・精神的な落ち込み

この様な原因により気の巡りが悪くなり、運動機能が低下してしまいます。

これはパーキンソンの患者様に限らず皆さまに起こる事なのですが、パーキンソンの患者様は、骨折や外傷を除いて、他の要因の程度が深いので、特徴的な症状として出てきます。

筋肉の凝りの原因も、一時的な筋疲労からくるのではなく、胃腸や便秘など内面的な体の不調から来ています。また、体が上手く動かないので必要以上に体力を消耗しやすくなり、それに伴い気分も落ち込みやすくなります。

そういった事が総合的に木気の巡りを悪くし、動作緩慢の症状が出てきます。

オンオフ現象、ウェアリング・オフについて

原因としては、薬の長期服用による効果の持続時間の低下など関係してきますが、
症状がでるタイミングで見てみると

・精神的にプレッシャーがかかった時
・気分が乗らない予定がある日
・ビックリして体に力が入った時
・食後
・夜あまり眠れなかった日

こういった事が、起こった時や起こる前に、体が動きにくい、薬の効きが悪いという方が多いと思います。

これを、先ほどの木気で考えると、精神的なストレスがかかる事により、体はそれに対抗しようとし、精神的にも体的にもやる気を充実させて、ストレスを発散させようとします。
この時のやる気の元になるエネルギーが木気なのですが、ストレスが過度にかかったり、体がストレスに耐えれなくなってしまうと発散が上手く行かずに中途半端に停滞してしまい、体の緊張状態が続いてしまいます(木気が鬱滞してしまった状態)
この状態は、気分転換をしたり、運動をしたりする事で直ぐに解除されるのですが、体の根本的な状態が崩れていると解除されにくくなってしまいます。

パーキンソン病の患者様の場合は、進行するにつれて筋肉の硬直度合いが大きくなり、便秘など胃腸の調子が悪くなり、また自律神経の乱れにより睡眠が十分に取れなくなる事が多いので、こういった精神的な影響により、体が過度に反応し緊張状態を作ってしまう事によって、オンオフ現象やウェアリング・オフ現象を引き起こす要因になっているのではないかと考えます。

オンオフ現象(ウェアリング・オフ)を改善する為に

病院での薬の調整が主ですが、それに加えて精神的なストレスに過度に反応し、体が緊張状態になってしまう事を緩和する事が大切になってきます。その対策として

・睡眠をしっかりと取る(しっかりと体を休める)
・深呼吸をして体の緊張が取れる感覚を普段から経験しておく
・気分の乗らない予定などは入れない(その事について考え過ぎない)
・精神的に「動けなくなったらどうしよう…」というように気負い過ぎない様にする

余計なストレスを事前に避ける事と、解除できるという事を普段から体に覚えさせる事が大切です。
過度にストレスに反応して、体が緊張し過ぎない様にする為に、普段から体の動きを良くしておく事も重要です

体の動きを良くする為に

体の動きを良くする為には、木気を巡らす事なので、普段から継続して体を動かす事が大切になってきます。

ポイントとして

・朝起きた時にゆっくと伸びをしてから起きる
・ストレッチをする時は、肩関節・股関節から大きく動かす
・ウォーキングをする時は出来るだけ歩幅を広くする
・運動は、夜よりも朝か昼間にする方がいいです。

一つでもいいので意識してみて下さい。

後は、食べ過ぎに注意してよく眠る様にして下さい。

鍼灸治療のおすすめ

動作緩慢、オンオフ現象、ウェアリング・オフ現象も、睡眠不足や便秘や食事による胃腸の調子、運動不足により体の根本的な機能が崩れてしまっている事が原因として背景にあります。

ですので、鍼灸治療によりそういった部分の立て直しをする事で、少しでも症状が改善し、また少しでも進行悪化が抑制できる様に施術を行っています。

また、治療により体をいい状態にしてから、日々の運動などをする方が運動の効果があがり、進行悪化を緩やかにする事が出来ます。

ご質問など受け付けておりますのでご相談下さい。

ご予約お問い合わせ


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました