脳卒中後遺症の鍼灸治療

当院では、脳卒中後遺症による片麻痺や言語障害など少しでも症状が改善し、発症以前の体の状態と生活やお仕事を出来る様に回復する事を目的に治療をしています。

症状の程度によってはなかなか回復が難しい事もありますが、そういった場合でも患者様と向き合い、一緒に乗り越えて行けるように治療とサポートをしていきたいと思っております。

病態

脳梗塞、脳出血などにより脳に障害が起こり手足の麻痺や言語障害、高次脳機能障害が起こる疾患です。
麻痺や症状の程度には個人差があり、症状がほとんど残らない場合もあります。
右の脳の障害の場合は左に麻痺が出て、左の脳の場合は右に麻痺が出ます。また、左の脳には言語中枢があるので言語障害をともなう事があります。

東洋医学的見解

筋緊張を緩和し、麻痺の改善が必要になってきますが、脳梗塞や脳出血をおこす原因として今までの生活習慣が原因になっている事が多く全身の状態を整える事も大切です。麻痺の程度によって回復の程度は変わってきますが、機能回復と共に麻痺による筋肉の疲労や痛みなどを緩和します。

当院の治療方針

麻痺による筋緊張を緩和し、運動機能をとり戻す事を目的に治療していきます。麻痺しているところは筋肉が十分に動かせない為に、血流が悪くなりやすく、冷えや痛みを感じる事があるので治療により改善していきます。また麻痺により体のバランスが崩れ腰痛や肩こり、関節の痛みなどの症状の改善もしていきます。発症ご出来るだけ早くでの治療開始が、機能回復につながるので早期での治療をおすすめしています。

ご予約・お問い合わせ


    PAGE TOP
    タイトルとURLをコピーしました