難病の症状

難病の症状

痙性斜頸(頸部ジストニア)について

発症のきっかけで多い事 殆どが原因不明で発症しているのですが、発症をした時期のお話を伺っていると、肉体と精神的に共にストレスを抱えていた方が多い様に感じます。 ・ある方向を見ないようにしていた(人間関係、お客さんの行列など)・...
難病の症状

痙性斜頸による首・肩の痛み

首が勝手に左右に動いてしまう痙性斜頸ですが、二次的に首や肩の痛みにお困りの方は多いと思います。そんな痛みを改善させる方法などをご紹介したいと思います。 首・肩周りの痛みや凝りを取る重要性 痙性斜頸は、常に首の周...
難病の症状

難病鍼灸治療の目標

当記事では、当院の考える難病に対する治療の目標と目的について書いています。
難病の症状

パーキンソン病、脊髄小脳変性症の歩行

パーキンソン病や脊髄小脳変性症の症状で基準になってくるのが、歩行の状態だと思います。また患者様のQOL(生活の質)に関わる事でもあり、歩行障害の進行を抑える事が一番最初の治療のポイントになる事が多いと思います。そこで、歩行の状態を長く維持...
難病の症状

難病と便秘

パーキンソン病や脊髄小脳変性症、多系統萎縮症の患者様で、便秘の症状が出ている方は他の不定愁訴を持っている方が多いと感じます。便秘だからといって直接的に脳の機能に関係するというわけではないですが、日々の調子の波に関係していると思います。そこ...
難病の症状

自律神経の乱れによる不定愁訴

難病の患者様で自律神経の乱れによる症状でお困りに方は多いと思います。自律神経は、食事や睡眠、排泄などの体の根本的な機能などを調節する神経なので、乱れる事で体調そのものが悪くなり病気の進行に関係してきてしまいます。そんな自律神経の乱れの対策...
難病の症状

脊髄小脳変性症・多系統萎縮症の歩行障害と頭の不快感

脊髄小脳変性症・多系統萎縮症の歩行障害について、よく訴えられる頭の不快感からお話しています
難病の症状

パーキンソン病の嚥下障害とよだれ(原因と対策、鍼灸治療)

パーキンソン病・症候群の嚥下障害とよだれについて原因と対策をお話します
難病の症状

パーキンソン病の動作緩慢、オンオフ現象(ウェアリング・オフ現象)

パーキンソン病、パーキンソン症候群の特徴的な症状である動作緩慢、オンオフ現象、ウェアリング・オフ現象の原因と対策についてお話しています。
難病の症状

パーキンソン病の手や足のふるえ

パーキンソン病や症候群の症状の一つである”ふるえ”、自分ではなかなか止める事ができず辛い症状の一つです。そんな”ふるえ”の原因と対策をお話したいと思います。 原因 西洋医学では、運動機能を司る中枢の一つである中脳での神...
タイトルとURLをコピーしました