無料相談受付中(1日2組限定)

・慢性的な症状でお困りの方
・難病のご家族の症状・治療のご相談
・鍼灸が未経験の方 など

事前に症状についてお伺いし、
患者様に合った治療内容・計画を
お話させて頂きます。
もちろんご相談だけでも大丈夫です。

お問い合わせページか、
お電話でご予約下さい。
(お電話でのご相談は、
随時受け付けております)

ご予約・お問い合わせ

大阪市 城東区 中央の鍼灸院       

当院は体の根本から立て直し
体の芯から健康になって頂ける
鍼灸治療院です

治療コンセプト

健康な身体に必要な 睡眠・食事・運動

体の健康を維持する為に必要な要素として、睡眠・食事・運動があります。
この3つが、良いサイクルで行えていると体の不調が少なく、不調が出たとしても長引いたり、慢性化する事なく改善する事が出来ます。

この3つのサイクルが上手く行えていないと、頑固な首肩凝りや腰痛などの体の不調から始まり、徐々に慢性化すると胃腸の不調や不眠、気分の落ち込みなど様々な症状が出てくる原因になります。
そうなると、睡眠・食事・運動のサイクルを戻す事がより難しくなり、そこに悪循環が起こり始めてしまいます。


全ての症状の原因というわけではないですが、様々な疾患・症状の裏にはこの3つのサイクルの偏りがある事が多く、治療により改善する事で悪循環から抜けだすきっかけになり、改善のベクトルに向かう事が出来ます。

当院は、治療により体の機能を改善をする事で、睡眠・食事・運動が上手く行える体を取り戻し、不調のない、健康な身体の循環を目指します。

普段の何気ない不調や、仕方がないと思っている様な症状も、この体の機能を良くする事で改善していきます。

伝統的な鍼灸による治療

当院では、東洋医学的な診察法である、脈診腹診をして体の状態を診察していきます。

その情報を基に、患者様の症状やお話をお聞きしながら、患者様一人一人に合わせた症状の原因や治療方針、養生法の説明をさせて頂きます。

パーキンソン病や脊髄小脳変性症、発達障害など難病の鍼灸治療について

治療の流れ

問診

症状に関する事や、睡眠、二便、運動など、お身体の状態や生活リズムについてお話をお伺いします。

※症状の事やお身体の事、また治療についてご質問等ありましたら、何でもご相談下さい。

診察

・脈診
手首の脈の拍動を診てお身体の状態を診察します。

・腹診
お腹の状態を観察して、お身体の調子を診察します。

鍼灸施術

症状やお身体の状態を説明し、治療方針をお伝えして、施術を行います。

※症状について等ご質問がありましたら、何でもご相談下さい。

症状の確認

症状の確認と調整治療を行います。

治療後の説明

次回の通院ペースや治療方針の説明、家庭で気を付けて頂きたい事をお伝えします。

院内紹介

入口

入って頂きやすいように間口を大きく取っています。
(幕の裏の白い扉からは入れませんのでご注意下さい)

少し段差がありますので、段差が辛い方や車椅子の方にはスロープをお付けしています。
※初診の方でご利用の際は、事前にお電話でお申し付け下さい。

待合室

ゆったりできる広さで、おくつろぎいただけます。

施術室

院内は、全てバリアフリーになっております。
待合室から施術室へ車椅子の方は、乗ったまま入って頂けます。

ベッドは3台あります。
ベッド間のスペースは広く取ってありますので、ゆったりと施術を受けて頂けます。
(車椅子も中まで入って頂けます)

トイレ

清潔感を保ち気持ちよく使って頂ける様に毎日清掃しています。
またトイレ前の段差もなく中に手すりがありますので、安心してお使いいただけます。

キッズスペース

お子様連れの方にも治療を受けて頂ける様に、キッズスペースのご用意もしております。
※ご予約の際にお申し付け下さい

最近の症例
(患者様からのお声)

歩行困難
80代 男性 〇症状腰の圧迫骨折後からあまり歩けなくなり、最近膝が痛くなりよけいに歩かなくなってきた。〇治療計画ずっと車椅子で、トイレ以外は歩かない・動かないといった状態だったので、気血の巡りが悪くなっており、その為に筋肉も固くなっ...
頭痛
40代 男性 〇症状慢性的にあり、コメカミのあたりが痛くなってくる。酷いと首肩までがガチガチに固まってくる。〇治療計画首肩の凝りがきつく、肩から首の付け根までが詰まっている状態でしたので、症状を抑える為にまず首肩まわりの緊張を緩め、...
急性腰痛
70代男性 〇症状二日前にゴルフのスウィングをした時にピキッとなった。主に背中の辺り。〇治療計画元々体の固さや、可動域の改善の治療を行っていた方でしたので、まだ取れ切れていない背中の深くの固さと、ちょうどグッと冷え込んだ位に発症され...


当院の難病治療について

東洋医学と難病

難病といわれる治療法の確立していない疾患は、難病指定されているもので300疾患以上あり、沢山の患者様が病気と闘っておられます。そういった中で、原因や治療法が確立していない難病に対し、東洋医学的な生体観をもって診る事で、進行悪化の緩和や症状の改善が出来るのではないかと思い難病に対する鍼灸治療に取り組んでいます。

今まで、14年間難病の鍼灸治療をしてきましたが、その臨床経験の中で感じた事は、画像診断などでの脳の萎縮の程度に反して、症状が進行せずに維持出来ている場合や逆に萎縮の程度以上に悪くなっていくという場合があり、そこに脳神経からの伝達と筋肉の関係だけではない、別の因子があるのではないかと感じました。

〇症状の進行が比較的早い場合の特徴として

・仕事をリタイヤした
・本症状以外の不定愁訴が多い(便秘、食欲が無い)
・ほとんど運動をしない(家から出ない)
・何もやる気がでない など

〇症状の進行が緩やか・維持できる場合の特徴として

・純粋な症状しかでていない
・運動を継続してしている
・仕事を続けている
・病気に対して前向き など

こういった特徴から、精神的な状態や運動量が進行に関係していて、便秘や食欲低下など不定愁訴が多い程、精神的に落ち込みそれが運動量の低下になり、結果、進行悪化を進めてしまうのだと感じます。

そういった不定愁訴の改善や、便秘や食欲低下などの体の調子を整える事で、精神的に前向きになり、自然と運動量が増え症状の進行悪化の緩和や改善につながってくると考えています。

自身のテーマと今後の展開

肉体があってそれが気の働きによって行動したり、生理活動を行ったりしているのが生命活動であって、その気の働きが一時的に滞ったり、弱くなったりする事が病気だと考えるのですが、この肉体と気の働き自体がお互いにバラバラになりかけている状態(陰陽の乖離かいり)が難治性疾患ではないかと考えます。

”死とはなにか?”を考える事につながると思うのですが、健全に死を迎えられるようにするために、そこにどのように治療として介入していけるのかを突き詰めていきたいと考えています。

東洋医学的な生体観・死生観を探求し、難治性疾患に対し的確な治療とはどういう物なのかを探求していきたいと思います。

難病トータル治療~患者様とご家族の治療

難病患者様の症状改善・進行悪化の緩和と日々サポートするご家族の治療を行っています。

難病トータル治療とは?

難病患者様の治療と併用して、ご家族の体調管理もさせて頂くプランです。

なぜご家族の治療をするのか?

慢性的な症状をお持ちの患者様、特に難病の患者様は、長期間での治療が必要になってきます。そのためには、適格な治療サポートと、日常生活を支える為にご家族の協力が必要になってきます。
ご家族の患者様に対する前向きな気持ちや笑顔が、症状の安定を継続させます。

そこで当院では患者様、ご家族が病気と前向きに向き合って頂ける様に、ご家族の治療を通して、患者様の病気に対する不安や相談をお聞きすると共に、体調管理をさせて頂いています。

難病トータル治療でご家族の治療をする事により     

患者様に前向きなサポートする事が出来、患者様のモチベーションを向上させます。

体の凝りや痛み、睡眠不足による不調、介護うつなどの症状を改善、または未然に防ぐ事でご家族の体調管理ができます。

一緒に生活を共にしているご家族の体調を診させていただく事で患者様の病態を把握する情報になり、治療効果の向上に繋がります。

どんなご症状でも一度ご相談下さい!!

歩きにくいフラツキがある手足が動かしにくいしゃべりにくなどの難病に関係する症状や、長年続いている酷い肩こり・腰痛めまい胃腸の不調不眠などの慢性的な症状など、
気になるご症状がありましたら、どんなご症状でも一度ご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました