パーキンソン病の嚥下障害とよだれ(原因と対策、鍼灸治療)

難病の症状

パーキンソン病・パーキンソン症候群の方で、食事が飲み込み辛い、口からこぼれる、よだれが出るといった症状でお困りの方は多いと思います。

嚥下障害とよだれについてお話したいと思います。

嚥下障害・よだれは何故おこるのか?

嚥下障害(飲み込みにくい)についてですが、
パーキンソン病やパーキンソン症候群の方は、筋肉の固縮や動作緩慢などの筋肉の動きに関係する症状が出ますが、こういった筋肉の症状は手や足だけではなく、口周りや飲み込む為の筋肉にも出てきます。そうすると口を動かす筋肉と飲み込む時の筋肉の協調的な運動にズレが生じ、飲み込む時にむせたり、こぼれたりしてしまいます。

次に、東洋医学的な要因として、
まず、食事をして消化・吸収をする働きは脾・胃の作用によって行われています。
飲食を飲み込み、胃の中に入れそれを脾の作用で消化吸収し、栄養を全身に巡らせています。
脾胃の不調があると飲食を上手く取り込む事が出来なかったり、飲食自体を受け付けなかったりといった事が起こり
ます。
こういった原因に喉周りの筋力の低下や、運動の協調性のズレが生じ嚥下障害が起こっていると考えられます。

次によだれ(涎)ですが、嚥下障害が原因で起こっている事が多い様ですが、
東洋医学的には、脾・胃が関係する体液と考えられており、よだれ(涎)も脾胃の不調が原因の一つではないかと考えられます。

嚥下障害・よだれの対処法

日常で出来る事として

〇食事はゆっくりよく噛んで食べる
 これはパーキンソン病に関わらず胃腸に負担を掛けない為に大切です。
〇声を良く出す
 口周りの筋肉を普段から良く動かす事が大切です。
 喉を通す事も必要なので大きい声を出したり、お喋りをたくさんして下さい。
〇深呼吸をする
 呼吸が浅くなる事も、パーキンソンの特徴の症状です。
 深呼吸はおヘソの辺りまで空気を入れるイメージでやってみて下さい。
 深呼吸している時は姿勢が良くなるので、深く息を吸い込める事は、
 飲み込みの運動にも関係してきます。

脾・胃に良い事として

〇よく噛んでたべる
〇暖かい物を食べる・飲む(冷たい物は控える)
〇消化に良い物を食べる(お粥など)
〇適度に運動をする(消化を助けます)
〇早寝早起きをする
〇ストレスに感じる事はしない(体に良い事以外)

この様な事を意識してみて下さい。

脾胃の状態を良くする鍼灸治療

パーキンソン病やパーキンソン症候群の方は、便秘になりやすい、飲み込みにくい、よだれが出るといった、脾胃に関係する症状が出る事が多いです。特に症状がでる筋肉も脾胃が関係しています。
ですので全てが脾胃の不調により起こっているという事ではないですが、
脾胃の不調から治療する事で、症状が改善し、進行悪化を防ぎ、楽に生活できる様になってきます。

身体のいい状態を保つ為の養生

鍼灸治療で、まず体の状態を改善させてから、上記のような対策をして頂くと効果がさらによくなります。症状が慢性化してしまったお身体は、固定化してしまって、なかなかいい方向に動こうとはしません、鍼灸治療は体全体の調子を整える事でそれを緩め良い方向に向かう様にします。
ですので体のベクトルをいい方向にして、それを持続するために養生法を取り入れる事が大切です。

ご予約・ご相談は


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました