フラツキと膝の痛み(脊髄小脳変性症)

症例集脊髄小脳変性症・多系統萎縮症

60代 男性

〇症状
1.2年前からフラツキが出始めた。不安定な所での立ち仕事をしていて最近膝が痛い。

〇治療方針
筋肉質で体がガッチリしている方で、フラツキの症状は出ていますがバランスは保たれていて歩行も安定していたので、日ごろの仕事による体の疲労を回復し、しっかり体を補い、そこから筋肉の血流の循環をよする治療を行いました。

〇経過
数回の治療で膝の痛みが無くなりました。首凝りや腰痛など仕事終わりに訴える事が多かったそうですが、それも言わなくなったそうです。
歩行は安定されているので進行しないように治療を継続し、運動機能は保たれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました