吃音

吃音症例集

8歳 女の子

〇症状
小学校入学位から出始めた、朗読や発表の時によくなる。

〇治療方針
吃音は、子供の有り余る元気が上手く発散できていない為に起こるので、治療によりそのエネルギーを上手く循環出来る様にします。あとは、普段の生活で、外で遊ぶ、睡眠をしっかりとるといった様な事をアドバイスして、出来るだけストレスが溜まらない様に気をつけて頂きました。

〇経過
効果が良く、徐々に症状が治まりました。計20回程の治療で本人が治ったという位になり、来院時もほとんど症状を確認する事がなくなり、治療終了となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました