フラツキと眼振の症状(脊髄小脳変性症)

症例集脊髄小脳変性症・多系統萎縮症

40代 女性

症状
体の疲労がキツイ時期があり、その頃からフラツキが出始め徐々に歩き辛くなってきた。
眼振の症状が酷く、よそ見したり、人混みなどでは頭が回るようなメマイがする。

治療方針
体の疲労がキツイ時の発症との事で、お身体を診させて頂いた所まだその余韻が残っているようで、病気の事などもあり精気がまだ回復していないようだったのでそこを補う治療を中心に行いました。

経過
便通や睡眠に問題が無く、体が回復しやすい状態にあったので、治療をすると眼振が改善し、歩行も安定するようになりました。
現在は、やはりフラツキや眼振など少しずつの進行はありますが、電車に乗って一人で通院されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました