パーキンソン病のウェアリング・オフ症状

パーキンソン病・パーキンソン症候群症例集

40代 女性

〇症状
その日の調子、時間帯などによって身体が動きにくくなる。

〇治療計画
全身の筋肉の緊張があるが、鍼をするとスッと緊張が緩和します。これは無意識に自分で力を入れている為で、精神的な緊張も関係してきます。なので鍼をして体をリラックス状態に導く事で筋肉の緊張が緩みます。また、緊張により体が直ぐに反応してしまうのは、気血の巡りが普段から悪かったり、便秘や睡眠など体全体の循環が上手く行っていない為に起こるので、そういった部分を少しづつ立て直していく治療をしていきます。

〇治療経過
鍼灸治療後は体がスッと楽になり、動きやすくなります。前回は帰りに買い物をして帰れたそうです。
良い状態の日を増やせる様に継続して治療をさせて頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました