腰痛・お尻足の痺れ(椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症)

疾患説明

腰痛・お尻足の痺れの原因

腰痛には様々な原因があります。

〇筋肉が原因のもの
ギックリ腰筋筋膜性腰痛など

〇骨が原因のもの
椎間関節捻挫圧迫骨折など

〇神経痛を伴うもの(坐骨神経痛)
腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症圧迫骨折など

筋肉が原因で起こるものは、程度によりますが、1週間くらいで軽減する事が多いです。

神経痛を伴う様な場合は、長期的な治療が必要で、3か月くらいで痛みが軽減してくる事が多いです。
※神経痛が疑われる場合、最初に病院の受診をおすすめする場合があります

症状

・腰が動かせない
・起き上がれない・立てない
・一定の動きで足が痺れる
・お尻をマッサージすると気持ちがいい
・長い距離歩けない・休むと歩ける(間歇性跛行 脊柱管狭窄症)
・足の親指が痺れる、太ももの裏からスネが痺れる

鍼灸治療

慢性的な要因の蓄積があり、そこに外的要因(負荷がかかった、冷えたなど)が加わり発症している事が多いです。

まず、痛みの出ている個所の筋緊張を和らげ、気血の巡りを良くする事で痛みの軽減をしていきます。それに並行して蓄積された根本的な要因を改善する様に治療をしていきます。

根本的な要因を改善しないと、再発の可能性があるだけではなく、急性の場合は、一時期痛みが軽減しても数日中にまたぶり返してくる事があります。
ですので当院では、局所の治療と体の根本を立て直す治療を並行して行います。

ご予約・お問い合わせ


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました